チェルシーからチェリーヒルの住人へ

日常のちょっとしたことと、猫の様子

静かな最期でした。 

2016/08/04
Thu. 22:53

りくが本日22時前に息を引き取りました。
3月後半からの闘病生活を嫌がることもなく、楽しそうにしていました。
2週間ほど前から、ガクンと体力が落ちてきましたので、覚悟はしていました。
もちろん悲しいですが、最期まで立派に生きたりくの事を誇らしく思います。

りくへ。
偉かったよ。
ニューヨークのピーちゃん姉ちゃんが居るから寂しくないよ。
くうは寂しがるけど。
心配しないでね。
ありがとうね。



[edit]

CM: 10
TB: --

page top

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2016/08/05 07:31 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2016/08/05 13:42 * edit *

悲しいですね。

ウチの猫も、長崎から東京に連れてきているだけに、悲しいお知らせでした。
本当に短い生涯でしたね。
でも、幸せだったと信じています。

キジ太朗 #V7WebhSY | URL | 2016/08/06 16:33 * edit *

キジ太郎様

ありがとうございます。
もうちょっとで(推定の8月10日が)お誕生日なので、せめてそれまではと思っていました。
りくはグルメでお刺身が好きでした。カツオがきすなので、カツ子と、かっちゃんと読んでいたこともありました。そして、トロやイサキをあげた時の美味しさにびっくりした顔が忘れないです。
くうは気付いているのか、昼間必死な声で鳴いていました。呼んでいたんでしょうかね。
それも見ていても辛くなりました。

更新は頻繁にはできないと思いますが、今後ともよろしくお願いします。

アキコ #- | URL | 2016/08/06 19:28 * edit *

あきこさん、りくちゃん残念でしたね。
くうちゃんも寂しいでしょうねぇ・・・。
猫ちゃんたち、小さな体で一生懸命生きてくれるから、心にしっかり残りますね。
あきこさんのお家に来られて、きっと幸せだったことでしょう。
今頃ぴーちゃんと楽しく遊んでるかな?

おれんぢ猫 #fq8ucXZQ | URL | 2016/08/07 08:05 * edit *

おれんぢさん

ありがとうございます。
最期は眠っているまま最期を迎えました。日中、一度痙攣を起こしたそうですが、その後はただた横になっていました。
手のかからない子でした。長女的な性格というか、自分のことは自分でするタイプで、もっと甘えてもいいよと毎日言っていたら、「おいしいもの出せ」と騒ぐようになってしまいましたが。お刺身はりくにあげてから母と私がだべる感じでした。

アキコ #- | URL | 2016/08/07 10:40 * edit *

時々覗きに来ていましたが、元気なのかなあ?と
思っていました。
残念ですね・・・
まだまだ若いのに・・・
アキコさんもさぞかし辛いでしょうね。
りくちゃんのご冥福をお祈りいたします。

くうちゃんも寂しくなっちゃったね。りくちゃんの分もいっぱい
可愛がってあげてくださいね。

しんごのママ #- | URL | 2016/08/10 19:15 * edit *

しんごママさん

ありがとうございます。
りくは若いのにかわいそうな子をしました。

普段から手のかからない子でした。食べ物にはうるさい子でした。獣医さんでもいつもいい子にしていました。先生たちにも人気の子でした。
先生もびっくりするくらい闘病生活を頑張ってきました。
亡くなる10日ほど前、夜中にずっと私の横にいて、寝るわけでもなく座っていました。うれしかったです。その後、日に日に体調が弱っていきました。
其の事があったので、彼女の死を悲しむより誇らしく思っています。

アキコ #- | URL | 2016/08/14 10:40 * edit *

アキコさん りくちゃんが 亡くなったこと 心から
お悔やみ申し上げます。
寂しくなりましたね。

↑コメントを拝見して 最後まで凛とした生涯だったことをしり
私も りくちゃんのようでありたいと思いました。
今頃 ぴーちゃんや カロと楽しくお空を飛び回っているでしょう。
くうちゃんが りくちゃんの分まで長生きしてくれますよう!

chigusano #- | URL | 2016/08/26 19:06 * edit *

ちぐささん

ありがとうございます。
りくは一人遊びができる子で、育てるのがとても楽な子でした。
なんというか、自立した猫でした。ピーちゃんもそうでした。
家に来たころは妹のくうを気遣い、くうの姿が見えないと鳴いて探しました。ご飯もくうが食べだすのをみてから自分の食べるような子でした。
くうは天然キャラなので、すぐ私たちにも甘えたのですが、りくはいつも遠慮がちでした。
それでも、懐くととても愛情の深い猫でした。獣医さんでも人気ものでした。先生のことが好きだったようで、診察も嫌がらずにいました。

くうは、やっと一人で居る事に慣れたようです。

りくちゃん、カロ店長と会えるといいね。福知山のお空の方を探しててね。

アキコ #- | URL | 2016/08/28 10:27 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2017-10