チェルシーからチェリーヒルの住人へ

日常のちょっとしたことと、猫の様子

N子さんのとらちゃん、がんばったね。 

2014/03/02
Sun. 21:58

とらちゃんは2月28日の夜9時頃(ニューヨーク時間)にお星様になりました。甲状腺、腎臓が悪く、右側の腎臓は萎んみ、左側の腎臓だけ、機能していました。しかし、左側の腎臓から膀胱の管に石が詰まった状態になり、1年7ヶ月前に手術を受け人口管で生きていました。強靭な生命力でその猫生を生き抜きました。N子さんの悲しみは十分理解できます。私もその道をたどりました。とらちゃんの最後はN子さんと一緒でした。とらちゃんは感謝していたんだと思います。合掌。

[edit]

CM: 4
TB: --

page top

コメント

N子さんの 愛猫のとらちゃんに
心から 安らかにと願います。
とらちゃんが居なくなった後の 寂しさ
私も痛いほど わかります。

chigusano #- | URL | 2014/03/07 21:00 * edit *

ちぐささん

ありがとうございます。N子さんに伝えます。
N子さんは、ニューヨークで音楽家としてとても頑張っている方です。忙しい中、とらちゃんの看護をしていました。とらちゃんもそれに応えて治療を頑張っていました。N子さんは強い人なので、これをしっかり乗り越えていくと思います。

AKIKO #- | URL | 2014/03/08 16:19 * edit *

お久し振りです。
東京方面はず~っと天気がスッキリはっきりしなくて、
体調管理大変そうですね。
とらちゃんの症状は、トッポの妹がまさに同じでした。
火葬したあとの、あの小さな1個だけ頑張ってた腎臓。
それを見たときの猫の生命力の強さを、物凄く実感しました。
そこまで頑張ったとらちゃんは、N子さんが好きで好きで、
そして旅立ったんでしょうね。
安らかに眠って下さい😊

まろこ #- | URL | 2014/03/13 17:08 * edit *

まろこさん

暖かいコメントありがとうございます。N子さんに伝えます。とらちゃんは治療をがんばりました。N子さんとの強い絆があったんでしょうね。とらちゃんは辛い治療を頑張っていたのは、その絆があったからだと思います。同じように治療を頑張ったトッポさんの妹さんもおおきな信頼があったんでしょうね。

AKIKO #- | URL | 2014/03/13 20:31 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2017-06