チェルシーからチェリーヒルの住人へ

日常のちょっとしたことと、猫の様子

長徳 

2014/02/02
Sun. 19:47

銀座三越のレストラン街でランチ。懐かしい長徳へ。宮益坂にあった長徳だが、14年くらい前に閉めて高島平のほうに移転されていたらしいが、銀座三越のリニューに際して、店を構えたとの事。(私の記憶だが)都内で35年くらい前で、讃岐うどん出す店といったらここくらいだったと思う。当時の感覚では、うどんにこんなお金を払うのかという感じだったが、お給料が出た後に同僚と行っては、「長徳ではうどんが立派なディナーになる」と感動したものだった。私でも理解出来るものすごく高価なスピーカーから流れるバッハを聞き、仲居さんは皆さん着物で接客し、ガラスばりの向こうではうどんの手打ちがの実演があって、器は砥部焼、漆器の独楽塗りや象谷塗のお重だったりと、コダワリの店だった。1998年に一時帰国のとき食事に行ったが、それ以来は縁がなくて、人から閉店したと聞いていた。その後、讃岐うどん流行でチェーン店が急増して、長徳の記憶も薄れていたのが、ボストンのNさんと銀座に行ったときに発見。そのときは蕎麦にしたけど、いつかはと思っていた。(銀座の洋服の青山に行ったのもこれが本来の目的なのだが)

お店に入った時はちょうど満席だったので待っている間、店の人と「昔よく行ったんですよ」と話したりした。「待っている間にメニューをどうぞ」と言われたが、「ざる三味で」と答えたら、席に通されて直ぐ,運んできてくれた。お腹がすいていたので、嬉しいサービス。野菜の煮物の味付けは変えたとおっしゃっていたが、その他の調味料、出汁、つけ汁は以前となんの変わりもないそうだ。親方もここでうどんを打つという。(そのときはもう帰られた後だった)音楽もクラシックが流れ、「あの巨大スピーカーはないですね」と言ったら、「そうなんです」と。食べている間に、いろいろな事が思い出されて懐かしい。味も懐かしいものだった。
IMG_1400.jpg

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

コメント

 懐かしいお店で 懐かしいお味がでてきたのね。
おうどんが ツヤツヤでおいしそうがこと!
麺類大好物なので しかと拝見しました♪

バイトなさるのね~!
スーツ姿で かっこいいなぁ~~♡

chigusano #- | URL | 2014/02/02 22:31 * edit *

ちぐささん

このお店にはとても思いがあるんですよ。学生時代、社会人時代と良く行きました。当時は[癒し」という言葉はまだなかったですが、ここへ来るととても豊かな気持ちに慣れました。その頃はバブルで洋風のものがいいとされていた時代。そのなかで、ここは四国の良いものを選んでお客様に出していた店。地方色をだした店は今では多く在りますが、その意味でここはパイオニアだと思っています。

AKIKO #- | URL | 2014/02/03 19:32 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2017-07