チェルシーからチェリーヒルの住人へ

日常のちょっとしたことと、猫の様子

5月5日 

2013/05/06
Mon. 12:26

5月5日、日本では子供の日だけど、こちらでは、シンコ デ マヨ CInco de Mayo。1862年5月5日にプエブラの会戦でメキシコ軍が強大なフランス軍を破った記念日。なぜか、ここ2、3年ニューヨークでもよく聞くようになった。やはりそれだけ、メキシコ系の移民が力をもってきたことだ。
人のブログを観ていたら,ロングアイランドシティーの公園のことができていた。その近くに大きなスーパーマーケットもあると記載されていたので、行ってみる事に。地下鉄の7番線で、グランドセントラルの次の駅、Vernon Boulevard-Jackson Avenueで降りる。商店街には、レストランも立ち並び、コメディークラブや不動産さんも。マンハッタンの方にむかうと、高層コンドやアパートが迫ってくる。15年以上ぐらい前になるか、このエリアで初めて分譲のアパートが出来たとき,確か、1ベッドルームで7万ドルぐらいだった。そのときは「あんなところ買う人いるのか」などといっていたが、今は、到底手が出ない価格になってしまった。それでも、一本道を隔てると、町工場も。またこれも再開発で、立ち退きしてしまうのか。
DSCF0095_20130507014704.jpgDSCF0097.jpg
DSCF0099.jpgDSCF0029_20130507020410.jpg

途中、その大きなスーパー、Foodceller & Co でお昼用のピザとサラダを買う。スーパーの中はイートインもあったり、持ち帰り用の食事になるようなサンドイッチ、ピザ等も充実、野菜、肉、魚も新鮮、日用品もそろうようになっていた。ピザは、ブリーチーズとズッキーニ。
DSCF0044_20130507021014.jpg


お目当ての公園は/。州立の公園だ。広々としているし、綺麗。正面はマンハッタンのイーストサイドのビル群の景色、奥手には、クイーンズボローブリッジが見える。後ろ側は、高層住宅。更に建築も進んでいる。若い家族が多いし、日本の方も見かけた。企業の駐在の方が住むようになったと聞いていたが、ここなら、マンハッタンにも近いし,安全だし、環境もバッチリだ。こんなに再開発されていたとは。
DSCF0088.jpgDSCF0087.jpg
DSCF0083.jpgDSCF0054.jpg
DSCF0038.jpgDSCF0035.jpg
DSCF0075_20130507022132.jpg
DSCF0077.jpg
DSCF0086_20130507022136.jpg

イーストリバーで楽しく泳ぐカルガモ親子や、猫さんも。気持ちのいい日曜だった。
DSCF0050.jpgDSCF0065_20130507022258.jpg
DSCF0067_20130507022840.jpgDSCF0070_20130507022841.jpg

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

コメント

再開発されたこの場所はきれいで新しくて素敵ですね。
イーストリバーの川にいる鳥さんが可愛いです。
結構きれいな川なの?
この猫、ちょっと毛並みがピーちゃんみたいですね。
どこから来たのかなあ・・・?
野良さんにしては毛並みがきれいみたいです。

↓の灯台、とても可愛いわね。
きっとだいぶ前に建てられたのね・・・
江戸時代くらいかな?

しんごのママ #- | URL | 2013/05/08 18:36 * edit *

しんごママさん

川は結構きれいでしたよ。つりをする人もいます。猫さん、毛がふかふかしていて、さわりたかったです。でも野良ですよね。プクプクして栄養もいいようでした。たくましい猫さんです。赤い灯台は120年くらい前らしいです。明治時代?

中年ニューヨーカー #- | URL | 2013/05/09 05:33 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2017-07