チェルシーからチェリーヒルの住人へ

日常のちょっとしたことと、猫の様子

猫と歴史の街、イスタンブール(最終編) 

2013/04/22
Mon. 23:04

猫を見るためにイスタンブールくんだりまでいくの?などと言われたが、10時間のフライトでも行く価値があった。
歴史的なことはもちろん、これから世界的に見てイスラムという大きな経済圏をリードしていく国という面でもこの時期行って良かったと感じる。エアポートを降りると、大きなサムソンのボード。地下鉄に乗っていたらドアのところに「韓」の文字をデザインしたものが。「なんだこれは?」とふと車両の壁に目をやると、なんと「HYUNDAI MAID IN KOREA」と。なんということだ。トルコは親日派だというのに。ローカルだろうなという韓国の人も多く見かけたし,ツアーの観光でない韓国の人(おそらく、サムソンとか,現代の駐在員とか訪ねて来た人とか)も見かけた。車は日本勢が勝っているが、電車から大きなKIAの代理店を見た。元来、イスラムの国への日本企業の貢献度は高いはずだし、イスタンブールの第2ボスフォラス橋の建設だって日本企業が参加していると聞いている。2020年のオリンピック誘致で郊外は建設ラッシュ。日本企業の活躍する場はたくさん在ると思うのだが。

街でのびのび暮らしている猫さん。カリカリがマーケットでバルクの量り売りで売られている。宗教的な理由で猫を大事にしているのだろうが、オリンピックが誘致され、外からの人がどんどん入ってくると,「野良猫はよくない」などという議論も起きるかもしれないと危惧してしまう。モスクで子猫を育て居たお母さん猫。人間が子猫見たさに集まっていてもゴロンと横になっていた。人間は危害をあたえないと心から思っているのだろう。このような猫さんにとって平和で安全に自由に暮らせる状況がいつまでも続いてほしい。

DSCN0742.jpg
DSCF0335.jpgDSCF0330_20130423121745.jpg

DSCF0329.jpgDSCF0233 のコピー
DSCF0220.jpgDSCF0217.jpg
DSCF0180.jpgDSCF0158_20130423121714.jpg
DSCF0153_20130423121713.jpgDSCF0081.jpg
DSCF0080 のコピーDSCF0076.jpg
DSC_0554.jpg
DSC_0529.jpg
DSC_0486 のコピー
DSCF0409.jpgDSC_0009_20130423121516.jpg
DSC_0010.jpgDSC_0074.jpg
DSC_0250.jpgDSC_0271.jpg
DSC_0480_20130423121544.jpg
DSC_0451_20130423121541.jpgDSC0449_20130423121539.jpg
DSC_0445_20130423121538.jpgDSC_0462_20130423121542.jpg

[edit]

CM: 8
TB: --

page top

コメント

トルコ旅行お疲れ様でした(^_^)
出来れば親日派であるトルコさんには、目先のお金じゃなく、
信用、信頼を忘れずに外交して欲しいですね。
そして、最後の沢山の猫さんたちの写真、可愛いですね~♪
もし、オリンピック開催が決定した場合、不幸な猫たちが出ないことを
祈るばかりです。

それにしても、カリカリの量り売り写真にはビックリしました。
日本じゃ絶対ない光景ですね(^◇^;)

まろこ #- | URL | 2013/04/24 02:22 * edit *

まろこさん

猫は楽しいくらいたくさんいますよ。
みんなたのしそうでした。猫も街のコミュニティーの仲間だし、共同体だと感じます。
日本企業はブラジルのいいけど、トルコに目をもっと向けて欲しいとおもいますよ。イスラム教をどう思うか、それも在るかもしれないけど、世界的に人口が多い国や、若い人の人口が多いのはイスラムの国です。どうしても過激派、怖い、残虐、女性蔑視という先入観があるかもしれないけど、だからといって一般の人はやはり普通の人間ですからね。日本に技術が役に立てれば、深い認識もうまれるはずです。

中年ニューヨーカー #- | URL | 2013/04/24 03:27 * edit *

初めてコメントします。
この街の猫たちは、のひのびと幸せそうに生きていますね。
人間との関係が、このまま変わらず続いて欲しいなと思います。
もし語学力があったら、猫を見に行っていたと思います。

ねこっち #/5WNb79I | URL | 2013/04/24 17:43 * edit *

トルコは、ずっと憧れていた国の一つです。
西と東が出会う地…
ブルーモスクと、海峡の街。
そして、猫の聖地。

岩合さんの番組でも紹介されていましたが、本当に街の中に自然に
猫が溶け込んで暮らしているのですね。

オリンピック招致をめぐって、今トルコも大きく変わろうとしているので
しょうが、変えて欲しくない所も沢山あります。
が…これは外から見ているだけの者が言ってもせん無い事ですね。
個人的には、現在世界でトップクラスのトルコバレーリーグを見たい(笑)

八朔かーさん #5Qkd.16Y | URL | 2013/04/24 19:02 * edit *

ねこっちさん

ありがとうございます。トルコは親日の国なので、日本語話せる人多いんですよ。日本人のツアーも多いですから、日本語を話されるガイドさんも多いですよ。私は一人旅立ったですが、観光地で日本のツアーがいたりしたら、聞き耳たてて説明聞いたりしました。猫と社会、人との関わりを感じるにはいい街です。

中年ニューヨーカー #- | URL | 2013/04/24 22:32 * edit *

八朔かーさん

こんにちは。
バレーボールですね。東レにた背の高い女性の方(バレーの選手だもんね)、たしかトルコのプロリーグにいらっしゃるんですよね。
活気のある街です。若い街です。英語を話す人も多いです。イスラムの生活様式もあるけど、うまく欧米の様式も入っています。中国より、ポテンシャル高いと感じました。

中年ニューヨーカー #- | URL | 2013/04/24 22:37 * edit *

トルコは素敵な町でしたね。
猫たちも可愛い子がいっぱい。
町の人々もそう人情が一気にかわることがないと思いたいですね。

いつまでも猫たちを可愛がる町の余裕があってほしいです。

しんごのママ #- | URL | 2013/04/26 00:28 * edit *

しんごママさん

インスタンブール気に入っていただけました?
猫がいいですね。猫好きにはたまらない街です。あと、アメリカはキリスト教の国ですが、トルコはイスラム教の国。宗教とか人の生活とか、私なりに多くの事を感じた街です。

中年ニューヨーカー #- | URL | 2013/04/28 01:27 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2017-07