チェルシーからチェリーヒルの住人へ

日常のちょっとしたことと、猫の様子

猫と歴史の街、イスタンブール(その6) 

2013/04/21
Sun. 06:23

4月12日、5日目の午前中はイスタンブールがコンスタンチノープルだった東ローマ帝国/ビザンチン帝国の足跡を訪ねるツアーに参加した。
最初はテオドシウスⅡ世の城壁に行ったのだが、開いておらず(修復は2日前におわっていると言う事だったが)、係の人が来てくれるという連絡がありしばらく待っていたが、来る様子がないので,コーラ修道院(カーリエ・モスク)へ向かう。こちらもオスマン帝国の征服で塗りつぶされた以前に、イコノクラスムでモザイクやフレスコが破壊されたらしい。アヤソフィア以上にモザイクが美しい。ツアーで一緒だったタンザニアから来た姉妹の方と記念撮影。11日間でトルコ一周旅行で、イスタンブールが最後の観光地とのこと。おそらく自国ではかなりのインテリ層に属するのではないかという印象を受けた。
DSCF0340.jpgDSCF0341.jpg
DSCF0347.jpgDSCF0357.jpg

城壁に戻るが、残念。結局開いていなく、外から眺めるだけ。ビザンチン時代の城壁は3層になっていて、最初は、コンスティタンティウス帝が建てたもので、その次がテオドシウスⅡ世が建てたもの。5世紀前半に建てられた。イエディクレ(7つの塔)と黄金の門は外から写真だけ撮る。ツアーできたが、電車を乗り継いでもこれるので、しっかり歴史を頭に叩き込んでいれば自分で来た方がゆっくりできただろう。近くのモスクはミマール・シナンの設計だそうだ。
DSCF0358_20130421183326.jpgDSCF0370.jpg

この後は,金角湾を見下ろせるピエール・ロティーのカフェへ。休憩の時間はトイレ休憩で消えてお茶は出来なかった。ここからはケーブルカーで下る。このケービルカーもトランジットシステムにはいっているが、地下鉄あるいはトラムの接続はない。乗り場にも猫が。。。
DSCF0373 のコピー
DSCF0378.jpgDSCF0382_20130421192214.jpg

ツアーでの最後の見学地、ギリシャ正教の教会、聖ゲオルギオス教会に行く。この辺はギリシャ人が多く住んでいるそうだ。直ぐ近くに高校があるらしいが、礼拝の時間だったのか,高校生らしき若い人が多く詰めかけて、イコンにキスをしているのが面白かった。
DSCF0383.jpgDSCF0384.jpg
DSCF0403.jpgDSCF0400_20130421183424.jpg

午後は、アジア側へ。エミノニュからアジア側のカドゥキョイへフェリーでわたる。金曜の午後とあって、船着き場は家へ早く帰る人で一杯。20分ほどでアジア側へ。デジカメの電池切れで、写真が撮れなく残念。それでも船からハイダルパシャ駅の建物の写真はなんとか撮る。シルケジ駅がヨーロッパの最後の駅なら、この駅はアジアへの最初の駅ということだ。
DSCF0407.jpg

カドゥキョイの街におりてトラムにのって一回り。道などで金曜のお祈りをしている場面を観た。モスクでない場所でも道などで、男性がメッカの方向に向かってお祈りをしている。金曜の午後の礼拝はイスラムの男性にとって非常に大事なことらしい。トレンディーなエリアもあるということだったが、地図もないので、また旧市街へもどろ。またグランバザールをみて、伝統工芸のオヤのお店をみつけ、みる。日本円で5000円位の首飾りなどあり、買ってもいいかなと思ったけど、自分ではしないと辞める。母へのお土産もいいかなと思ったけど、結局辞める。旅行中の日本人のご夫妻が入らして、奥様が購入していた。夕飯をどうするか、夜景がすばらしいというレストラン、360イスタンブールにするかと思い,イスティクラール通りへ行く。予約がないせか、テーブルは駄目とかへんな事いわれたので、直ぐ出て来た。ぶるぶらして猫を見る。スルタンアフメットの駅にもどり、フォーシンズホテルでも行って食事を思ってアヤソフィアの横を通って歩いて行く。と、屋上にあるレストンをみつけたので、そこへいく。ホテル「セブンヒルズ」のレストランだ。屋上のレストランの通され、その景観がすばらしい。アヤソフィアとブルーモスクが両側に。マラマラ海、ボスフォラス海が見渡せる。と、それほどお腹がすいているわけではないので、EFESビールとアペタイザーのタコのサラダ、スープで済ませる。最後の一枚で写真をとったが、残念なでき。ホテルのWEBから画像を拝借。こんな感じでした。
DSCF0410.jpg
hagiasophia_view.jpg



[edit]

CM: 2
TB: --

page top

コメント

ヨーロッパ方面って、歴史をみると、よく征服などにより、壁画など塗りつぶされたとか
ありますよね。今だから言えるのかもしれないけど、とても残念。
でも、当時の情勢だと仕方ないことだったのかな~。
それにしても、セブンヒルズとか言うホテルの景色がすばらしいですね。
まさにアラジンが出て来そう!

まろこ #- | URL | 2013/04/21 23:05 * edit *

まろこさん

日本も戦国時代がありましたが、なんだかんだ行っても引き継がれる歴史。ヨーロッパは破壊の歴史と言えますね。中国や韓国も政権が侵略、征服で変わって行った国。その意味では日本は特異な歴史かもしれませんね。
ホテルの景色、よかったですよ。サーブしてくれた男性はヒュージャックマンみたいでした。日本人のビジネスマンも食事してました。

中年ニューヨーカー #- | URL | 2013/04/22 22:34 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2017-07