チェルシーからチェリーヒルの住人へ

日常のちょっとしたことと、猫の様子

猫と歴史の街、イスタンブール(その3) 

2013/04/17
Wed. 06:22

4月10日、イスタンブール3日は、トプカプ宮殿へ。9時開館だが混雑が予想されるので、早めに行く。途中のホテルで猫さんが気持ち良さそうにひなたぼっこ。昨日、通りかかったときにかまっていたら私の背中に乗って来ようとした猫さんだ。あと、床屋さんの猫さんもいた。広場では朝市の準備をしていた。調味料や野菜、チーズ、果物などがある。周りはホテルだらけの場所なので、これはホテルの人が食材を用意するのに便利。トルコ産のサフランを買ったけど、どうだろう。サフランはイラン産のものが最高級とされていて、値段は桁違いに違う。
DSCF0174.jpgDSCF0175.jpg
DSCF0170_20130417190607.jpgDSC_0268.jpg

スルタンアフメットの次の駅、ギュルハネ駅まで行って宮殿までいったほうが近いかもと思い歩いて行った。しかし、アヤソフィアの前を通っていったほうが近いと後で分かる。門までの坂がきつかった。
9時前には到着した。すでに何人かは並んでいた。また猫さんがいて、観光客の膝に乗っていた。カリカリをあげたら嬉しそうにしていた。美味しいのかなアメリカのカリカリは。
DSCF0183_20130417151720.jpgDSCF0184_20130417151735.jpg
DSC_0204.jpgDSCF0186.jpg

中は本殿とハーレム(大奥)の部分のわかれている。ハーレムにはいるには、別料金が必要。ハーレムには400人ほどくらしていて、多い時は1000人位いるそうだ。4人のお妃の部屋や、スルタンのお母さんの部屋(ハレムで一番の権力があるそうだ)、宦官の部屋など何室あるんだろう。残念だったのが、中国や日本の陶磁器の展示場がしまっていたこと。人気は宝物殿。すごい人だが、いつかメトロポリタンの特別展で見たほうがすごかったような気がする。第4庭園の奥にあるカフェからはマルマラ海が一望できる。TEAが6トルコリラだった!あと、見終わったあとでまた入ったカフェでチップスと水とTEAで11.5トルコリラもした。さすが美術館価格。外のカフェにいた猫さん。カリカリが気にいってくれくれで大変だった。
DSC_0157.jpgDSC_0197.jpg
DSC_0162.jpgDSC_0183.jpg


次の目的地はドルマバフチェ宮殿。19世紀、力を失い、ヨーロッパ列強からも白い目でみられていたオスマン帝国。ロジアの侵略におびえていた。そんな中、トルコの近代化を目指すため、ヨーロッパの建築様式で新しい宮殿を1843ー1856年にかけて建設する。ボスポラス海峡クルーズからも眺められる。見学はツアー形式で行われ、宮殿の中は撮影禁止だ。いくらヨーロッパの真似をしたところで、弱体かした帝国は立ち直れなかった。1922年、トルコ共和国の誕生で宮殿としての役目は終わった。
DSC_0234.jpgDSC_0236.jpg
DSC_0237.jpgDSC_0238.jpg

見学する前にここの付設のカフェでランチにする。あまり食欲もなかったので、サラダにする。黒猫ちゃんはお客さんの席をうろうろして、美味しいものをもらっていた。海をバックに岩合さん風の写真のつもり。
DSC_0232.jpg

ここからならオルタキョイへも歩いて行けるはずだし、途中、最高級ホテルのチュラーン・パレス・ケンピンスキーもあるはずと歩き始めたが、結局良く分からず、断念。結局、オルタキョイのモスクは修復中で中が見れなりらしかった。ホテル、行きたかった。お茶でもして、最高級の雰囲気を味わいたかったのに。

ボスポラス海峡のクルーズはツアーのほうがいいと思い、ホテルで申し込みに一旦帰る。夕食をどうしようかと思い、日本食だなとタクシム広場に行く事にする。その前に近くのモスクを見学。ひなびた感じがいい。DSCF0202_20130417151737.jpgDSCF0200_20130417151736.jpg
DSCF0201_20130417151736.jpgDSCF0204_20130417151816.jpg

円味というレストランに行くつもりだったが、場所が分からず、TOKYOというレストランにする。メニューにあった生姜焼きを頼む。ふと、思ってお肉PORKと確認したら、NO PORKだと。そうか。イスラムだもんね。と仕方がないので、焼き肉と揚げ出し豆腐とトルコビールのEFESを注文。突き出しが美味しかった。タクシム広場は人で一杯。お菓子のお店も一杯。キロ単位でお菓子を買うらしい。こんな食べていたらこのお店の人のお腹になっちゃう。(もう既になっている)
DSCF0223.jpgDSCF0224.jpg
DSCF0226.jpgDSCF0232.jpg


[edit]

CM: 4
TB: --

page top

コメント

トルコの旅、楽しそうです。
市場の果物、野菜の鮮やかな色合いがいいですね。
トルコの歴史・地理に明るくないので、よくわかりませんが、
やっぱりイスラムの国になんだなあ・・と思いました。

岩合さん風の猫、よく撮れていますよ。
皆可愛いね。
地域猫として、皆でかわいがり育てていると聞きました。

しんごのママ #- | URL | 2013/04/17 23:29 * edit *

しんごママさん

猫ちゃんは本当に幸せに暮らしています。特に男性が猫を大事にしています。女性はベールをかぶらない人も多いし、イスラムの国といってもモスクにお祈りに行かない人が殆どだそうです。でも金曜の礼拝は大事のようです。
まだまだ旅行記は続きます。もっと猫さんもたくさん登場しますよ。

中年ニューヨーカー #- | URL | 2013/04/18 00:17 * edit *

トルコ旅行してたんですか~?!
私もトルコには、一生のうち一度は行ってみたい所なんですよね。
それにしても、すごいパワーで回ったみたいですね。
猫さんの多さにも驚きました。
世界遺産が寝床ってところも、なんかいいですよね。
日本はうるさ過ぎなのかも。

世界史って、すごく苦手分野なんですが、オスマン帝国って言葉は
知ってます。
今はすっかり近代化して、昔ながらのイスラムに沿った感じじゃ
なくなってるようですが、それでも食事の文化は残ってるんですね。


まろこ #- | URL | 2013/04/18 02:10 * edit *

まろこさん

トルコは広く、見所満載ですが、行ったのはイスタンブール一都市滞在だけです。猫が多く猫好きはうれしいですね。基本、地域猫というか、野良ちゃんなので、モフモフさわるのは抵抗がありました。頭をなでなでするくらいです。おやつカリカリを持って行きました。アメリカのはおいしかったみたいですよ。猫に対するおおらかな態度、すごいですね。

中年ニューヨーカー #- | URL | 2013/04/18 21:49 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2017-04