チェルシーからチェリーヒルの住人へ

日常のちょっとしたことと、猫の様子

Norman Rockwell 

2012/10/21
Sun. 18:06

DSCF4665.jpgDSCF4671.jpg


DSCF4685.jpg

DSCF4677.jpg
DSCF4689.jpg

JTBのバスツアーでマサチューセッツ州バークシャー、ストックブリッジの街とノーマン・ロックウェルの美術館を訪れる。感謝祭の絵を書いたアメリカの画家くらいの知識しかなかったけれど、20世紀の初めから激動の60年代を観て来た社会派の、アメリカ近代をリアルタイムで描いた画家だった。アトリエの向こうに広がる広々とした景色が新鮮。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lovechelsealife.blog.fc2.com/tb.php/303-4a960efd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-09